自動車保険の豆知識(補償内容の見直し) 一発ネット

自動車保険に関する豆知識

万が一の為の自動車保険

自動車保険は様々な会社があります。

その様々な保険会社を選ぶのに、お役に立てるように当サイトはあるわけですが、この保険会社に決めた!と言う所で、補償内容について書いて見ようと思います。
ポイントは自分のカーライフにマッチした補償内容を選択する事です。

  • 対人賠償保険・対物賠償保険について

    対人対物の保証は無制限に限ります。

    自動車保険がなぜ必要なのか、今や自動車社会です。

    自動車は生活の中で無くてはならない存在となっています。

    いくら自分が安全運低に気をつけていても、急に人が飛びだして来たり車が飛びだして来たりすると

    止まりきれずに事故になってしまう場合があります。

    [ 自分は事故なんてしないから大丈夫 ]は通用しません。

    万が一に備えた物が自動車保険なのです。

    対人対物の保証は無制限をおすすめ致します。

  • 搭乗者傷害保険について

    自動車事故で、自分の車に乗っていた方が死傷した場合に支払われる保険です。

    保険金は、死亡されたときの死亡保険金、後遺障害が生じたときの後遺障害保険金

    および医師の治療を受けたときの医療保険金の3種類ですが、

    その他に特別保険金として、シートベルトを着用していたにもかかわらず死亡された場合の

    特別保険金や後遺障害が特に重度となった場合の特別保険金があります。

    これも少しは掛けておく事をおすすめ致します。

  • 自損事故保険について

    崖から転落したり、家屋に飛び込んだ等の単独事故で自賠責保険等では補償されない時に、

    車の保有者や運転者に対して支払われます。

    恥ずかしながら私は、これやりました 崖に転落しました^^;

    友人の車で、横に友人を乗せての事故だったのですが、奇跡的に二人とも無傷でした。(過去の話)

    自損事故保険は人身傷害特約で補償できる場合もありますので、

    各保険会社の見積もり金額を参照しながら、金額を設定してみては如何でしょうか。

  • 車両保険について

    自分の車が衝突・接触などの事故で破損したり、火災や盗難にあった場合に支払われる保険です。

    車両保険は私は現在入っていません。

    保険料金が高くなるからです。

    生活にゆとりのある方はおすすめ致します。

  • 運転者年齢条件について

    これは断然おすすめ致します。

    契約した自動者を運転する人の最低年齢に応じて設定しましょう。

    保険料金が安くなります。

    ただし絶対にその年齢以下の人は運転しないようにして下さい。

  • 運転者家族限定特約

    これもおすすめです。

    運転主を家族に限定する事により、保険料金が安くなります。

    運転者を家族に限定する代わりに割引が適用される為、これを違反した場合に事故を起こしても保険料は支払われませんので気をつけてください。

    以上、お役に立てる内容だったかは定かではありませんが、自動車保険の豆知識でした。

    広告

    ページトップへもどる